FC2ブログ

マニハチ

岩手県は広いです。四国の面積と同じくらいの日本では北海道に続いて、2番目に広い県です。そんな岩手の中でも魅力いっぱいの八幡平というところの情報を中心にお伝えするのがこの「マニハチ」です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【マニハチ探検隊】 第9回 「日本一黒い温泉へ行こうの巻」 vol.4 ~十和田湖散策~

~前回のあらすじ~

日本一黒い温泉を目指して旅を始めたマニハチ探検隊。お昼時でお腹が空いたが、道の駅こさか七滝が休業だったため、その隣にあるまんまランドで桃豚を使ったご当地グルメ、ち~棒を食し、十和田湖へ到着。そこでお昼を食べ、乙女の像へと向かうのだった。東北温泉まであと少し。

それでは続きです。


マニハチ探検隊vol.4 01(2010.11.14)十和田湖
14時18分。

ライト 「おお、湖が間近で見れる!遊覧船もいるね。」


マニハチ探検隊vol.4 02(2010.11.14)十和田湖
遠くから見えていた十和田湖を近くで見ることができて
テンションがあがります。

マニハチ探検隊vol.4 03(2010.11.14)十和田湖
湖沿いに乙女の像を目指します。

マニハチ探検隊vol.4 04(2010.11.14)十和田湖
T君 「うわっ、濡れた!」


ライト 「ドンマイ!波が強いね。」
 

T君 「海みたいですね。」


ライト 「砂浜といえば・・・あれだ。」


T君 「?」


マニハチ探検隊vol.4 05(2010.11.14)十和田湖

ライト 「マニハチ参上!」


T君 「それ、いいですね!」


マニハチ探検隊vol.4 06(2010.11.14)十和田湖
ライト 「あっ、消えてしまった。」


なんて湖で戯れながら進みます。


マニハチ探検隊vol.4 07(2010.11.14)十和田湖
少し進むと、砂浜から木の道になりました。
ここら辺には食事処やお土産屋さんが並んでいました。

マニハチ探検隊vol.4 08(2010.11.14)十和田湖
ライト 「でっけぇニンニク!」


T君 「うわ!本物かと思った。」


マニハチ探検隊vol.4 09(2010.11.14)十和田湖
ここら辺は御前ヶ浜(ごぜんがはま)というみたいです。
看板によると、この先に乙女の像がある模様。

マニハチ探検隊vol.4 10(2010.11.14)十和田湖
少し離れたところにある小島。


T君 「あそこに行ってみたいですね。」


ライト 「行けるのかなぁ。国立公園内って泳いでもいいんだろうか・・・。ダメなような気がする。」


マニハチ探検隊vol.4 11(2010.11.14)十和田湖
白鳥発見。
風が強くて波も高かったのですが、流れに身を任せてプカプカと浮いていました。

マニハチ探検隊vol.4 13(2010.11.14)十和田湖
ライト 「これはすごい!でっかい岩から木が生えている!」

マニハチ探検隊vol.4 12(2010.11.14)十和田湖
どうやらこれは溶岩のようですね。
柱状節理、八幡平の松川渓谷も同じです。

マニハチ探検隊vol.4 14(2010.11.14)十和田湖
T君 「ライトさん、白鳥が飛びそうですよ!」

ライト 「よし!準備OK!」


マニハチ探検隊vol.4 15(2010.11.14)十和田湖
羽をはばたかせる瞬間。

マニハチ探検隊vol.4 16(2010.11.14)十和田湖
きれいな形だなぁ。

マニハチ探検隊vol.4 17(2010.11.14)十和田湖
歩き始めて17分。乙女の像に到着。

この乙女の像は、十和田湖国立公園指定15周年を記念して、昭和28年に建てられたそうです。彫刻家であり詩人でもある高村光太郎の最後の作品としても知られ、完成まで1年余りかかったと言われています。高さ2.1mの2人の裸婦が左手を会わせ向かい合っており、モデルは光太郎の愛妻で詩集「智恵子抄」で知られる智恵子夫人です。台座には婦人の故郷、福島産の黒御影石を利用しています。
~青森県観光情報サイト アプティネットより~


マニハチ探検隊vol.4 18(2010.11.14)十和田湖
ライト 「これが乙女の像か。
乙女というより熟女っぽいな。


T君 「・・・(何を言ってるんだこの人は)。」


ライト 「せっかくだから、記念写真を撮ろう。」


ライト 「ハイ、チーズ。」


マニハチ探検隊vol.4 19(2010.11.14)十和田湖
ライト 「うーん、少しずれるな。」  


ちょうどそこへ、乙女の像を見に来た家族がやってきました。
その中のおばあさんが、何やらこちらをいぶかしげに見ていたので、


ライト 「すみませーん、写真撮ってもらってもいいですか?」


おばあさん 「いいけど、わたしゃ下手だよ。それでもいいの?」


ライト 「大丈夫です、この画面の真ん中に写ったら、このボタンを押すだけなので。」


おばあさん 「じゃあ、撮るよ~。」


ライト 「お願いします。」


おばあさん 「・・・。あれ。」


ライト 「・・・。!」


ライト 「それ、画面とレンズが逆ですよ。レンズ見て写真撮ったら、自分が写りますよ。」


おばあさん 「あらあら、あはは。」


ライト 「じゃあ、お願いしまーす!」


おばあさん 「はい、撮ったよ!」


ライト&T君 「ありがとうございました!」


マニハチ探検隊vol.4 20(2010.11.14)十和田湖
ということで、撮ってもらった写真がこちら。
T君は像と同じ感じでいいけど、俺はちょっと固いのが残念。


ライト 「よし!写真も撮ったし、戻ろう。」 


マニハチ探検隊vol.4 21(2010.11.14)十和田湖
行きは、なるべく湖沿いを歩いてきたので、帰りは反対を歩くことに。

マニハチ探検隊vol.4 22(2010.11.14)十和田湖
ライト 「やはり場所が変わると生える木も違うね。ハルニレなんてはじめて聞いた。」

マニハチ探検隊vol.4 23(2010.11.14)十和田湖
T君 「ここから奥入瀬渓流いけるんですか!」


ライト 「看板あるし、行けるっぽいね。」


T君 「でも13kmくらいあるんですよね。歩いたらどんだけかかるか。」


マニハチ探検隊vol.4 24(2010.11.14)十和田湖
こんなところに神社の案内。

マニハチ探検隊vol.4 25(2010.11.14)十和田湖
こちら風の神。

マニハチ探検隊vol.4 26(2010.11.14)十和田湖
こちら火の神。

特に看板等見当たらなかったので、由来も何もわからず。
お参りしている人がいたので、とりあえずお賽銭を入れて手を合わせました。


マニハチ探検隊vol.4 27(2010.11.14)十和田湖
遊覧船もいいけど、歩いて回るのもいいです。

マニハチ探検隊vol.4 28(2010.11.14)十和田湖
お土産屋さんでヒメマスを焼いて売ってました。


おばさん 「はい、いらっしゃい。よかったら食べてって。」


ライト 「さっきお昼食べたばかりなので。」


おばさん 「あら、そう。残念。」


T君 「ヒメマス、食べようかな。」


おばさん 「それじゃあ、この大きいのがいいよ。」


T君 「どれですか。」


おばさん 「これだよこれ。他のは600円の大きさだけど、これは800円くらいかな。」


T君 「おお!」


おばさん 「これをオマケするよ。」


T君 「ありがとうございます。いくらですか?」


おばさん 「700円!」


T君 「え?( ゚Д゚)ポカーン」


そういいながら700円手渡すT君。


マニハチ探検隊vol.4 29(2010.11.14)十和田湖
T君 「うまそう~。」

マニハチ探検隊vol.4 30(2010.11.14)十和田湖
何故かポーズをとるT君。
まるでどっかの国の槍を持った兵士みたいな格好。

マニハチ探検隊vol.4 32(2010.11.14)十和田湖
T君 「うまい!ライトさんも食べます?」


ライト 「じゃあ一口。おお、うまい!
 

マニハチ探検隊vol.4 31(2010.11.14)十和田湖
ライト 「うまいけどさ、さっきのおかしいよね。」


T君 「ですよね。600円としか書いてないのに、800円とかって。最初はおまけして600円かと思いましたよ。表示してない料金取っちゃだめですよね。」


ライト 「だよね。例えばさ、これは800円のものだけど、今日は遠い所から十和田湖まで着てくれたから、特別サービスで600円、だからまた着てね!とかなら好印象なのに。」


マニハチ探検隊vol.4 33(2010.11.14)十和田湖
ライト 「こっちにも店あったのか!もっと見て回ればよかったよ。」


T君 「今度来たときの予行練習ということで。」


マニハチ探検隊vol.4 34(2010.11.14)十和田湖
どの店もヒメマスを使ったメニューはあるようでした。

マニハチ探検隊vol.4 35(2010.11.14)十和田湖
何でミニなんだろう。本格的に案内してますよ!って感じじゃないからかな。

マニハチ探検隊vol.4 36(2010.11.14)十和田湖
ライト 「あれ、ちゃぐちゃぐ馬っこって岩手じゃないっけ。」


T君 「ですよね。こっちにも似たようなものがあるのかな。」 


マニハチ探検隊vol.4 37(2010.11.14)十和田湖
最後にビジターセンターに立ち寄りました。

マニハチ探検隊vol.4 38(2010.11.14)十和田湖
国立公園があるところには環境省がビジターセンターを設置しています。

マニハチ探検隊vol.4 39(2010.11.14)十和田湖
八幡平でも外来種駆除はやってますが、やはり十和田も同じなんですねぇ。

マニハチ探検隊vol.4 40(2010.11.14)十和田湖
この中で一番興味を惹かれたのはこちら!
これ、いいですねぇ!すばらしい。

大学院生と地元の住民が作られたということで7種類あるようでしたが、人気があったのか、置いてあったのは4種類。

マニハチ探検隊vol.4 41(2010.11.14)十和田湖
こちらのデートマップはその中の一つ。
八幡平でも作りたいなぁ。

マニハチ探検隊vol.4 42(2010.11.14)十和田湖
ということで、15時25分、再び出発。
13時46分にお昼を食べ始めたので、1時間39分の滞在でした。


T君 「せっかくここまで来たから、八甲田温泉寄って行きましょう。」


ライト 「そうだね、通り道ならよっていこう。」 



ここからのルートは、県道103号を北上し、奥入瀬渓流を通って、八甲田温泉へと向かいます。



ということで、一旦区切ります。


十和田湖散策で結構時間を費やしたマニハチ探検隊。これまた急遽、八甲田温泉に向かうことになったが、大丈夫か、次の日仕事だぞ!?日本一黒い温泉に到着するのは一体いつになることやら。


続く!!



ブログランキングに参加してます!

3種類の投票クリックをポチっとお願いします('-'*)

↓↓↓


↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八幡平情報へ
にほんブログ村

↓↓↓
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

| マニハチ探検隊 | 07:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ライトさん、こんにちは。

乙女の像、記憶にありますねー

かみさんと結婚する前だから

24-5年前だなー
昭和の時代に行った記憶がありますねー

熟女、その通りだと思います(笑)
応援ぽちオールです。

| 重箱石 | 2010/12/05 10:48 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!

応援ありがとうございます。
あの像は乙女という感じがしなかったです。
高村光太郎の奥さん、智恵子さんがモデルみたいなので、結構なお年だったのかも。

| ライト | 2010/12/06 16:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://manihachi.blog57.fc2.com/tb.php/363-cc7c82c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。