FC2ブログ

マニハチ

岩手県は広いです。四国の面積と同じくらいの日本では北海道に続いて、2番目に広い県です。そんな岩手の中でも魅力いっぱいの八幡平というところの情報を中心にお伝えするのがこの「マニハチ」です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【マニハチ探検隊】 第7回 「秋田の温泉へ行こうの巻」 vol.5 温泉堪能篇

~前回のあらすじ~

T君の病を癒す為、秋田の温泉に入り行ったマニハチ探検隊。3ヶ所目に向かった温泉は後生掛(ごしょうがけ)温泉。腹が減っては湯に浸かれぬ、食堂にて鹿角うどんと山菜そばを堪能した一行。それでは足りぬときりたんぽと後生掛だんごを食べ、黒たまごの不思議さに首をかしげつつ、温泉へと進むのであった。

まぁ大体こんな感じ。


それでは続きです。


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編02(2010.9.23)
こちらはフロント。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編01(2010.9.23)
入浴時間は18時30分まで。
大人400円とは良心的な料金。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編03(2010.9.23)
購入した入浴券。

①神恵痛の湯
②湯滝
③泥湯
④蒸し風呂
⑤サウナ風呂
⑥火山風呂
⑦露天風呂



T君 「7種類の温泉があるんですね!こりゃ楽しそうだ( ̄▽ ̄) 」


ライト 「泥湯って気になるね。」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編04(2010.9.23)
ちなみにこちらは湯治部の料金表。
素泊まりでオンドル個室だと1名1室3,360円。2名1室2,835円(一人料金)。3名以上1室2,100円(一人料金)
共同のオンドル大部屋だと1名2,100円。
泊まる場合、自炊用の用具も有料で貸し出しがあります。
ここに泊まるのも面白そうかも。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編05(2010.9.23)
そんなことを考えながら先へ進みます。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編06(2010.9.23)
こちらがオンドル部屋ですね。極楽寮とあります。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編07(2010.9.23)
中はこんな感じ。ここは大部屋かな?。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編08(2010.9.23)
外から見て登山口と書いてあった場所。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編09(2010.9.23)
大浴場へ続く通路に登山口への道がありました。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編10(2010.9.23)
ここだけ土足OKらしいです。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編11(2010.9.23)
戸を開けるとこんな感じで登山道へ続いていました。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編12(2010.9.23)
登山口は橋を渡った所にある模様。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編13(2010.9.23)
大浴場に到着。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編14(2010.9.23)
後生掛温泉て結構広いですね。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編15(2010.9.23)
こちらは女湯。
書いてある文字にはあえて突っ込みません。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編16(2010.9.23)
こちらは男湯。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編17(2010.9.23)
絵で温泉の入り方を説明してくれています。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編18(2010.9.23)
入浴券はここに入れます。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編19(2010.9.23)
ちなみにこちらが清掃時間です。
毎日10時30分からお昼までと午前中ですね。
今度行こうと思っている人はこの時間は避けましょう。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編35(2010.9.23)
こちらは脱衣所。


ライト 「さぁて、温泉入るぞー!」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編20(2010.9.23)
広い大浴場。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編21(2010.9.23)
入ってすぐ左側に泥湯発見。

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編24(2010.9.23)
手前が神恵痛の湯で、奥が火山の湯。

入口でかけ湯をして体を洗って早速入ってみました。

最初は火山の湯。


T君 「この下から出てくるボコボコがいいですね~。」


ライト 「あぁ極楽極楽。」


続いて神恵痛の湯。


T君 「このお湯、赤っぽいような白っぽいような不思議な色してますね。」


ライト 「この適温具合はなんじゃ!?気持ち良すぎる!!」


そして露天へ。


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編22(2010.9.23)
T君 「・・・」


ライト 「・・・」


T君 「露天・・・ちょっと狭く感じますね。」


ライト 「そうだね、あれだよ、ふけの湯見ちゃったからさ。」


ライト 「次はあれだ!蒸し風呂だ!


中へ移動。入口付近の高台へ。


T君 「この木の箱は何ですか?」


ライト 「これが蒸し風呂だよ。」


T君 「え!?俺、あっちのサウナみたいなのが蒸し風呂だと思ってましたよ!」


ライト 「こうやって木のふたを開けて、中に入るんだよ。」


T君 「じゃあ入ってみます。」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編23(2010.9.23)
ライト 「なんかすげぇ真面目な顔してるけど、大丈夫?」

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編25(2010.9.23)
T君 「大丈夫です('-'*)」

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編26(2010.9.23)
ライト 「もっと面白い顔しなきゃ。」


ライト 「ほら、こんな感じで。」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編27(2010.9.23)

ライト 「でろーん。」


T君 「あはは、すごい顔ですね!」


他の客 「・・・(なんで面白い顔しなきゃならないんだろう。)」


ライト 「次は泥湯だ!」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編28(2010.9.23)

ライト 「おお!まさしく泥湯だ!」


湯船の底には泥がたくさんありました。


T君 「この泥、お肌に良いらしいですよ!」


そういうと泥を顔に塗り始めるT君。


ライト 「お肌にいいのかぁ。じゃあ俺も。」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編29(2010.9.23)

T君 「アタシきれい?」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編30(2010.9.23)

ライト 「泥でお肌もすっべすべよ!」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編31(2010.9.23)
ライト 「しかし、見事なまでに泥湯だなぁ。」

秋田の温泉へ行こう温泉堪能編32(2010.9.23)

ライト 「いてっ!目に入った!」


T君 「あはは、大丈夫ですか?」


ライト 「こりゃしみる~!」


ライト 「じゃあ湯滝で目を洗い流す!」


そして泥湯のすぐ隣の湯滝へ移動。


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編33(2010.9.23)
T君 「あれ、ライトさん、どこを洗い流してるんですか。」


ライト 「最近お腹まわりが気になってね。腹を打たせて鍛えようかなと。


T君 「痛くないですか?」


ライト 「大丈夫!」


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編34(2010.9.23)

ライト 「いてっ!目に入った!」


T君 「あはは、大丈夫ですか?」


ライト 「あれ、さっきも同じことやってたような・・・。」


ライト 「ぶっ!溺れる!誰か滝を止めてー!


T君 「そこから出ればいいんですよ!」


※良い子はマネしないでくださいね♪


そんなこんなで約1時間10分楽しんだ二人であった。


T君 「いやぁ、ここ、結構楽しめますね!」


ライト 「そうだね、お湯の種類も多いし、蒸し風呂は面白いよね。」


大浴場を出てジュースを飲む二人。
ふと上を見上げると・・・


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編36(2010.9.23)
ライト 「これ何をふかすの?おばちゃん?

おばちゃんふかすとうまくなるの?


T君 「な、謎のポスターですね・・・。」


ライト 「!」


右側を見ると・・・


秋田の温泉へ行こう温泉堪能編37(2010.9.23)
ライト 「芋か!」


T君 「ああ、なるほど!」


ライト 「・・・でも何で芋ふかすとおいしくなるってキャッチコピー?」


T君 「きっと人間も体に良いってことなんじゃないですか。」


ライト 「ニュアンス的にはわかるけどさぁ。おばちゃんが・・・」


T君 「やはり謎のポスターですね。」



後生掛温泉を堪能しまくったマニハチ探検隊。
次回は後生掛自然研究路へ。そこで彼らはとんでもないものと出会うのであった?乞うご期待!!



続く!!



ブログランキングに参加してまーす!

投票のクリックをポチっとお願いします~('-'*)

↓↓↓


↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八幡平情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



| マニハチ探検隊 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://manihachi.blog57.fc2.com/tb.php/302-9635847f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT