マニハチ

岩手県は広いです。四国の面積と同じくらいの日本では北海道に続いて、2番目に広い県です。そんな岩手の中でも魅力いっぱいの八幡平というところの情報を中心にお伝えするのがこの「マニハチ」です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【過ごす】 地元ならでは!色々なそばの食べ方講座&ひとみさん家で1日過ごす体験をしてみた(2013年2月4日)

IMG_6345.jpg

ライト 「ふ~。茶がうめぇです。」

2月4日(火)、八幡平市安代地区にあるひとみさん家にて。
今回はひとみさん家で色々なそば料理を作ったり、一日ぶらっと過ごしてきた様子をお届け致します。


IMG_6024_20140205200608889.jpg
この日は青空も見えて、安代の山里がきれいな雪化粧をしていました。
この場所、分かる人いるかな?ここは安代地区から二戸市へと続く県道6号付近のとある風景です。県道6号は写真下に隠れて見えてません。

IMG_6034.jpg
こちら、左側がひとみさん家です。昔は造り酒屋だったそうです。

IMG_6038_20140205200839386.jpg
印象に残る唐辛子。

IMG_6045.jpg
そして入口付近にある融雪口。雪深いのを物語っています。

IMG_6048_201402052009073f5.jpg
表玄関の戸が開かなかったので、裏口へ。家の庭に雪の小径があるなんて素晴らしい!


ライト 「こんにちはー!」


ヒトミサン 「いらっしゃい。今ちょっと手が離せないからちょっと中入って待ってて。」


IMG_6050.jpg
どうやら、翌日行く所へお土産に豆しとぎを作っている所でした。
豆しとぎとは、主に岩手県北エリアで食べられている郷土のお菓子で、固めに煮た青大豆を砕き、もち米やもちあわを粉にしたものと混ぜたものです。


モリアキサン 「また絵描いたから、ちょっと見てみるか?」


ライト 「是非!」


モリアキさんは、絵を描くのがとてもうまく、前の仕事をしてなければイタリアへ行ってデザイナーになろうと思ったこともあったそうです。美人を見ると、頭の中に記憶されて、その記憶を元に絵を描けたとか。今はモデルを見ながら描いてる模様。


IMG_6052.jpg
モリアキサン 「これだよ。」


ライト 「すげぇ!色付いてる!」


実は去年の11月に初めて遊びに行った時に絵を見せて頂いたのですが、その時は色無しだったんです。


IMG_6053.jpg
IMG_6054.jpg
IMG_6055_2014020520122797c.jpg
ライト 「これはすごい・・・。1枚描くのにどのくらいかかりますか?」


モリアキサン 「大体1日1枚かな。」


ライト 「なるほど。」


IMG_6057.jpg
個人的にお気に入りの一枚(。-∀-)


モリアキサン 「ダルマ描きたくて描いてみたよ。」


IMG_6066.jpg
ライト 「へー、ダルマってあの目を書いたりするや・・・って達磨大師じゃないですか!

IMG_6067.jpg
禅宗の祖にしてよく見る置物のモデルの人物です。

IMG_6068.jpg
IMG_6069.jpg
ライト 「お!このサル、味があっていいですねぇ。」


こういう絵が描けるセンスは素晴らしい!俺がサル描いたらすごいことになる(゚д゚lll)


モリアキサン 「今はこれ描いてるよ。」


IMG_6071.jpg
ライト 「うわ、着物の模様が細かい!すげぇ!」


ヒトミサン 「準備できたよー。そうだ、彼も呼んであげたら?」


ということで、ヤス君にご登場頂きました('-'*)
彼は去年の11月から八幡平に来ている埼玉県草加市出身のナイスガイです。
色々と八幡平のことを知ってもらおうと何かある度にお声がけをしている次第。

IMG_6242.jpg
そばは十割で作ります。最初はお湯でこねて繋ぎ、最後に水を入れてまとめていきます。
そしてしっとり感が出てきたら、今度はのし棒で伸ばします。

IMG_6250.jpg
初めての体験でテンション上がるヤス君。

IMG_6259.jpg
伸ばし方を教わる様子。
ヒトミさんにお手本を見せてもらいましたが、伸ばし方が全然違う!さすが手際が良すぎです!

IMG_6267.jpg
そしてのし棒に巻いた状態で切ります。
今回はそばかっけを作ります。
そばかっけとは、ご覧のとおり、伸ばしたそばを三角形に切って、茹でた大根や豆腐一緒ににんにく味噌等で食べる料理です。かっけとは角形から、またはかけらの意味という説があります。つっつけとも言われるようです。

IMG_6270.jpg
IMG_6271.jpg
IMG_6273.jpg
IMG_6275.jpg
こんな感じで切って、

IMG_6139.jpg
完成。

IMG_6094.jpg
お次は柳ばっと。

IMG_6096.jpg
こちらが柳ばっとに入れるそば。柳ばっと(う)とは、そばを柳の葉のような形にして、ネギ、ゴボウ、ニンジン等の野菜を入れた汁に入れて食べる料理です。

IMG_6100.jpg
はい、出来上がり!

IMG_6151.jpg
かっけと一緒に食べる大根をぐつぐつ煮ている様子。この音がいい。


ヒトミサン 「ライト君、そばかっけに使うにんにく味噌のにんにくをすって!」


ライト 「了解です!」

IMG_6169.jpg
ニンニク2片くらいを磨り下ろしました。

IMG_6182.jpg
そばかっけ出来上がり!

IMG_6088.jpg
こちらはそばがき。完成!
そばがきは、一番簡単なそば料理で、水を入れる量は個人の好みによりますが、そば粉の約2倍の水でそばをかき混ぜて、火で温めるだけの料理です。


IMG_6223.jpg
それではいっただきまーす!

IMG_6236.jpg
ライト 「かっけとにんにく味噌、合う!うまい!」

ヤス君 「うわぁ!感動です!こういうそばって初めて食べました!美味しいです!」

IMG_6237.jpg
ライト 「そばがきもうまい!」

これは以前に一度食べたことがありますが、初めて食べた時は衝撃でした。

表現が難しいのですが、食感は焼きたてたこ焼きのとろーりとした中の部分のような感じ。

これにそばつゆとわさびで食べるんですが、ふわふわ感がたまらない!

牛乳と砂糖を入れれば暖かいデザートも作れそうな感じです。
むしろ、これでたこ焼き作ってみたい。
八幡平だからたこじゃなくて山菜とかニジマスとか入れて。
そういえばあんかけかけたかた焼きそばもあったなぁ。

やべぇ、誰か俺の妄想よだれ止めてぇ!


モリアキサン 「そうそう、桜が咲いたんだよ。


ライト 「(゚ロ゚;)エェッ!? 2月なのに桜ですか!?」

IMG_6239.jpg
ヒトミサン 「桜の枝が折れて落ちてたから、家の中に入れてたら昨日花が咲いたのよ!」

IMG_6241.jpg
ライト 「おお!まさかこの寒い時期に桜を見れるとは!」


お昼を食べて一休み。
そしてなぜか結婚の話に。


ヒトミサン 「昔は家で結婚式をしたのよ。私もこの家でしたの。」


ヤス君 「こういう所でやるのもステキですよね。」


ライト 「確かに。式場とかあるけど、どうせなら記憶に残るような結婚式したいなぁ。」


ヒトミサン 「結婚式やるときはうち貸すから。」


ヤス君 「是非!ああ、でも先に相手見つけなきゃ。独り暮らしだからかもしれないですが、家族がすごい欲しいです!」


ライト 「だよねぇ。でも八幡平で探すの結構難しいよねぇ。安代地区なんて若い人あんまり見ないし・・・。」


ヤス君 「そうですねぇ。」


ライト 「それにあれだよね、いいなと思った人にはなかなか話しかけられないよね恥ずかしくって。


ヒトミサン 「それが普通じゃない?」


モリアキサン 「若い時は色々遊ばなきゃ。俺が若い頃は・・・」


ヒトミサン 「ええ!そんな話初めて聞いたわよ!」


ヤス君 「すごいですね!さすが人生の先輩です!色々勉強させて頂きます!」


ライト 「ワイルドっすねぇ。」


そんな話に華を咲かせつつ、食後の運動。


床拭きです。

IMG_6282.jpg
ヒトミサン 「こうやって拭くのよ。」


ライト 「俺はてっきりよく小学校の廊下を拭いてたようにダッシュするのかと思いましたよΣ(゚д゚lll)」

IMG_6294_201402052038375fb.jpg
ヤス君 「なかなかこういう木の床を拭くことってないですね!新鮮です!


ヒトミサン 「この障子のガラスね、珍しいのよ。大正ガラスで、最近のガラスと違って歪みがあったり、空気入ったりしているでしょ。」

IMG_6300.jpg
ヤス君 「ホントだ!これいいですね味があって!」


掃除も終わり、お茶タイム。
ここで一番最初の写真です。


モリアキサン 「そうだ、熊の胆(くまのい)って見たことあるか?」


ヤス君 「ないです。」


ライト 「俺は前来た時に生のやつを。」


モリアキサン 「ほら、これが乾燥させた熊の胆。」


IMG_63093.jpg
ライト 「すげぇ!乾燥させるとこんな感じになるんだ!!」


この熊の胆、金よりも高いんです。詳細は検索すれば出てくると思いますが、参考までに2/5の金の価格は1gで4,352円、熊の胆を販売している某HPを見ると1gで9,100円!金の2倍以上!

煎じて飲むと胃にいいとか薬用らしいんですが、飲むとすげぇ苦いようです(゚ロ゚)


熊の胆に衝撃を受けていると・・・


IMG_6318.jpg
ヒトミサン 「ほら、これ。」


ライト 「これはもしや熊の骨を使った何か!?」


そうそう、言い忘れましたが、モリアキさんはマタギをやっているんです。なので、熊の胆とか出てくるんですが、そういう訳で熊関係のものかと思った訳で。


モリアキサン 「それは根曲がり竹で作った耳かきだよ。自分に合うもの持ってっていいよ。」

IMG_6322_201402052043119de.jpg
ライト 「マジっすか!先が小さい方がいいかなぁ。」


モリアキサン 「いや、大きい方がいいよ。一気にガバっと取れるから。」


ヤス君 「うわぁ、嬉しいなぁ!綿棒しか無くて、ちょうど耳かき探してたんですよ!」


ということで、物色中。

IMG_6320.jpg
ライト 「あぁ、いいわーこれ。」

IMG_6324.jpg
IMG_6326.jpg
ヒトミサン 「これ、こうやって火にあぶって曲げるのよ。」

モリアキサン 「ここまで先が反ってる耳かきは中々ないと思うよ。」

IMG_6329.jpg
ライト 「確かに。この反り具合といい、薄さといい、素晴らしいです!ありがとうございます!」


そんな感じであっという間に16時くらいに。


ライト 「長居をしてしまいました!今日はありがとうございました!楽しかったです('-'*)」


ヤス君 「ありがとうございました!かっけも頂いちゃって。」


IMG_6348.jpg
ヒトミサン 「また遊びに来てね!」


ということで、色々なそばの食べ方&一日過ごしてきました。
田舎のお宅でそこの生活を体験する、そんなことがしてみたくてヒトミさんにお願いしてみました。

もし、自分もやってみたい!という方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

色々なそばの食べ方は時間にして10時から13時まで、一日過ごすは10時から15時まで。それぞれ4人以上の申込で体験料金はお一人様2,500円です。

今回は特別に一緒にやったので、お昼がそば料理でしたが、一日過ごす場合は通常は普段ひとみさんが食べている地元の料理になります。

人生に疲れた方田舎に浸りたい方ちょっと色々なそば料理を作ってみたいという方にはぴったりかと思います。

こんな感じで今後も面白い体験をちょこちょこ発掘していきたいと思います(。-∀-)

それにしても引き出し、ありまくりだわこのお二人!スバラシイ!



ブログランキングに参加してます!

3種類の投票クリックをポチっとお願いします('-'*)

↓↓↓


↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八幡平情報へ
にほんブログ村

↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 過ごす | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://manihachi.blog57.fc2.com/tb.php/1358-91c67622

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。