FC2ブログ

マニハチ

岩手県は広いです。四国の面積と同じくらいの日本では北海道に続いて、2番目に広い県です。そんな岩手の中でも魅力いっぱいの八幡平というところの情報を中心にお伝えするのがこの「マニハチ」です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【岩手山】 岩手山へ行ってみた vol.1 ~七滝から大地獄分岐まで~ (2012年9月8日)

岩手山七滝コース01(2012.9.8)ジャンプ!

ライト 「天気、サイコぉーうだぜッ!!」

8時32分、大地獄分岐にて。

7月頃に裸参りで一緒にお参りしたヤマさんから、岩手山へ登らないかと誘われ日程が合わなくて無理だったんですが、9月8日に登ると聞いて、コース相談も受けてたので一緒に行くことに。今回は七滝登山口を出発し、上坊神社へと下りてくるコースで進みます。今回はちょっとしたガイド役でした。

関連話↓
【お天気】 今日の八幡平 「晴れ」 山頂 「晴れ」 ~明日岩手山へ行ってきます~(2012年9月7日)

ということで、秋直前の岩手山の様子をご覧ください。


岩手山七滝コース02(2012.9.8)
4時半頃起床、5時に家を出発し、ヤマさんとの集合場所、上坊神社へと向かいます。
正面に見える姫神山が朝日できれいです。

岩手山七滝コース03(2012.9.8)
5時42分、平笠から見た岩手山。山頂まで良く見えるので、今日はいい景色が見られそう♪

岩手山七滝コース04(2012.9.8)
同時刻、反対側の景色。

岩手山七滝コース05(2012.9.8)
5時48分、岩手山パノラマライン入口。

岩手山七滝コース06(2012.9.8)
ヤマサン 「おはようございます!」


ライト 「おはようございます、すみません、ちょっと遅れてしまいました(;^_^A 」


ヤマサン 「来ないから別の所に行ったのかと思いましたよ(▼ω▼)ジー」


ライト 「いやぁ、すみませんでした・・・。」


写真撮りながら・・・とは口が裂けても言えませんでしたΣ(゜口゜;

岩手山七滝コース07(2012.9.8)
5時50分、上坊神社にヤマさんの車を置いて、松尾八幡平ビジターセンターへと向かいます。
ここで、今回参加するもう一人のトモさんと待合せをしていました。

岩手山七滝コース08(2012.9.8)
急ぎ、ビジターセンターへ。

到着すると、トモさんが待っていました。


ヤマサン 「おはようございます。すみません、お待たせしてしまって。」


トモサン 「いえいえ。今日はいい天気ですね。」


ライト 「おはようございます。遅くなってすみません!今日は最高ですね!」


ライト 「それじゃあ、県民の森に向かいましょうか。」


県民の森へ出発。ここに車を止めて、七滝コースへと向かいます。

岩手山七滝コース09(2012.9.8)
6時40分、七滝前到着。


ライト 「ここから落差25mの七滝という滝が見られるんですよ。」


トモサン 「おお!」


ライト 「冬は氷るので迫力がありますよー!」


トモサン 「冬はどうやってここに来るんですか?」


ライト 「登山口からスノーシューかスキーでここまで来るんですよ。」


そう言いつつ、滝を見ると・・・

岩手山七滝コース10(2012.9.8)
ライト 「あれ!?」


ヤマサン 「なんか、水量少なくないですか?」


ライト 「少ないですね!いつもなら滝の裏側とか見えないですもん。」


トモサン 「でも迫力ありますね。」


ライト 「ちなみにこの滝は七滝という名前ですが・・・」


トモサン 「滝が7つあるんですか?」


ライト 「魚止めの滝とかあるんですが、ここは岩手山から松川までの間の滝の中で、一番立派なものに七滝と付けたそうです。」


トモサン 「なるほど。」


ライト 「では先へ進みましょう。今日はお昼前には山頂に到着、夕方4時前には降りて来る予定です。」

岩手山七滝コース11(2012.9.8)
6時50分、七滝から登山口を出発。


ライト 「この七滝コースは森の中を通り、岩手山の噴煙が見れたり、岩場があったりと変化に富んでいて一番好きなコースなんです。」


トモサン 「今日は天気もいいから、景色も良さそうですね。」


ヤマサン 「いやぁ、いい天気でよかったです。」


ライト 「暑いので、上着脱ぎますね。」


長袖の上着を着ていましたが、脱いでタンクトップに。


トモサン 「俺も脱ぎます。」


ヤマサン 「長袖じゃなくてもいいですね。」


岩手山七滝コース12(2012.9.8)
そう言って上着を脱ぐ二人。


ヤマサン 「長袖の方がいい、と言われて持ってきましたが、これじゃいらないですね。」


ライト 「歩いて体も温かくなってきましたしね。山頂付近で風があれば半袖だと寒いかもしれませんが、虫も少ないし、状況に応じて脱いだり着たりですね。」


着替え終わって再び歩き始めます。


トモサン 「ライトさん、ヘビには気をつけてくださいね。いたら避けて歩いてください。」


ライト 「はい、わかりました。」


トモサン 「って!言ってるそばから!」


ライト 「?」


トモサン 「踏んでますよ!?」


ライト 「(゜ロ゜;)エェッ!?」


ライト 「どこですか!?」


トモサン 「そこです!」

岩手山七滝コース13(2012.9.8)
なんと、すぐ後ろにいました!


トモサン 「これ、威嚇してますよね!しかも頭の形、三角ですよね?」


ライト 「三角ですね、まずいですね、離れた方がいいですね!」


トモサン 「三角ということはマムシですね( ̄□||||!!」


ヤマサン 「・・・!」


踏んだ本人を威嚇しないで、その後ろのトモさんを威嚇するとは(≡д≡)
チビのマムシを避けて進みます。


ライト 「いやぁ、すみません。」


トモサン 「びっくりしましたよー。」


ヤマサン 「まぁ、何もなくて良かったですね。」


ライト 「ですねぇ。」


先へ進みます。

岩手山七滝コース14(2012.9.8)
7時20分、一服峠に到着。

ライト 「ここの一服峠で休憩しましょう。」


トモサン 「ここ、一服峠って言うんですか。」


ヤマサン 「ですね。」


トモサン 「確かにここまでの登りは結構きつかったから、ここで一服したくなりますね。」


ライト 「それで一服峠って名前が付いたのかもしれませんね。」

岩手山七滝コース15(2012.9.8)
7時25分、出発。
七滝コースは大地獄まで太陽を前にして歩くので、こんな景色が見られます。ようは逆光ですね。

岩手山七滝コース16(2012.9.8)
トモサン 「これは庭に飾りたいくらいの岩ですね。」


ヤマサン 「岩の上から木が生えていますね。」


ライト 「このコケもいい味だしてますよね。」

岩手山七滝コース17(2012.9.8)
キンコウカ発見。

岩手山七滝コース18(2012.9.8)
これはタケシマランの実かな?

岩手山七滝コース19(2012.9.8)
マイヅルソウの実は白っぽくなっていました。

岩手山七滝コース20(2012.9.8)
ヤマサン 「ライトさん、景色はまだ変わらないんですか?」


ライト 「もう少し進んだら、沢を渡るので、二つめの沢を渡る所まで行けば景色が変わりますよ。」

岩手山七滝コース21(2012.9.8)
トモサン 「ここはしっかり草刈りされてますね。大変ですねぇ。」

岩手山七滝コース24(2012.9.8)
一つめの沢を渡ります。ちなみにこれは焼切沢。

岩手山七滝コース22(2012.9.8)
橋にウメバチソウ発見。

岩手山七滝コース23(2012.9.8)
エゾオヤマリンドウも発見。

岩手山七滝コース25(2012.9.8)
ライト 「この苔むした岩も素晴らしいですねぇ。」


トモサン 「これもすごいですね。」

岩手山七滝コース26(2012.9.8)
ライト 「黒倉山が見えてきましたよ。」

岩手山七滝コース27(2012.9.8)
トモサン 「おお!これはすごい!」


ヤマサン 「晴れているから余計きれいですね。」


ライト 「ここは紅葉の時期、すごいきれいになるんですよ。」

岩手山七滝コース28(2012.9.8)
7時55分、二つめの沢に到着。

岩手山七滝コース29(2012.9.8)
ライト 「後ろを見てください。茶臼岳や畚岳、樹海ラインも見えますよ。」


トモサン 「お、本当だ!」


ヤマサン 「どれがどの山ですか?」


ライト 「一番右側で高い山が茶臼岳、左側の高い山が畚岳ですね。手前には八幡平下倉スキー場が見えますよ。」

岩手山七滝コース30(2012.9.8)
ライト 「この橋、渡るの注意してくださいね。」

岩手山七滝コース31(2012.9.8)
橋を渡ってすぐの写真。だいぶ上まで登ってきました。ここら辺で標高1,100mくらい。

岩手山七滝コース32(2012.9.8)
トモサン 「ここまで草刈りに来るなんて大変ですね。」


ライト 「ですねぇ。」


トモサン 「1日じゃできないでしょうね。」


ヤマサン 「何人かでやるんでしょうけど、大変ですよね。」

岩手山七滝コース33(2012.9.8)
8時02分、こちらは登山道の右側に見える滝。


ライト 「この滝も結構すごいんですが、近くまではいけないんですよね。崖になってて。」


ちなみにこの沢は柳沢。

岩手山七滝コース34(2012.9.8)
千葉整三君終○ 昭和40年6月 とあります。
千葉さんが無くなった跡でしょうか。手を合わせて先へ進みます。

岩手山七滝コース35(2012.9.8)
焼切沢。このように沢の流れる音を聞きながら歩けるのがこのコースの特徴。

岩手山七滝コース36(2012.9.8)
ライト 「月が見えますね。」


トモサン 「えっと・・・なに倉でしたっけ?すばらしい景色ですね。」


ライト 「黒倉ですね。」

岩手山七滝コース37(2012.9.8)
所々、歩きやすいように刈り払いされていました。

岩手山七滝コース38(2012.9.8)
段々と森の中から、高山の景色へと変わっていきます。

岩手山七滝コース39(2012.9.8)
こんな沢も渡ります。

岩手山七滝コース40(2012.9.8)
ライト 「滑らないように気をつけてくださいね。」

岩手山七滝コース41(2012.9.8)
ライト 「これは何の花か分かりますか?」


トモサン&ヤマサン 「分かりません。」


ライト 「これはたぶんガクアジサイですね。今良く見るアジサイは、ガクアジサイを品種改良してできたものなんですよ。」

岩手山七滝コース42(2012.9.8)
沢の色が白っぽくなってきました。

岩手山七滝コース43(2012.9.8)
これは何でしょう?

岩手山七滝コース44(2012.9.8)
8時14分、歩き始めて1時間24分で大地獄に到着。

ライト 「これもこのコースならでは景色ですよー。」


トモサン 「これもすごいですね!」


ライト 「岩手山は活火山なんですが、この大地獄でその様子を垣間見ることができます。」

岩手山七滝コース45(2012.9.8)
先へ進みます。

岩手山七滝コース46(2012.9.8)
しかし、この景色。自然の雄大さを感じますねぇ。

岩手山七滝コース47(2012.9.8)
ライト 「ここは結構急なので、気をつけて登ってください。」


トモサン 「ヤマさん、グローブ出してもらってもいいかな?」


トモさんのリュックからグローブを出すヤマさん。

岩手山七滝コース48(2012.9.8)
ライト 「後ろを見てください。かなり高い所まで登ってきてますよー。」


ヤマサン 「おお、本当ですね!」

岩手山七滝コース49(2012.9.8)
あの黄色いのは硫黄かな。

岩手山七滝コース50(2012.9.8)
無言で登る三人。結構必死です。

ライト 「休み休み行きましょう。」


ヤマサン 「そうですね。」

岩手山七滝コース51(2012.9.8)
ライト 「それじゃあ、大地獄分岐まで行ったら休憩しましょう。」

岩手山七滝コース52(2012.9.8)
トモサン 「いやぁ、かなり登ってきたねぇ。」


ヤマサン 「そうですねぇ。いい眺めですね。」

岩手山七滝コース56(2012.9.8)
8時30分、歩き始めて1時間40分で大地獄分岐に到着。

岩手山七滝コース53(2012.9.8)
ライト 「じゃあここで休憩しましょう。」

リュックを下ろして休憩する三人。

岩手山七滝コース55(2012.9.8)
ライト 「ここからも八幡平山頂周辺が見渡せますね。」


トモサン 「今日はついてるね。こんなにいいお天気に恵まれて。」


ヤマサン 「本当ですね。景色も良いし、こっちのコースでよかったですね。」


ライト 「このコースは距離はありますが、途中の景色が素晴らしくて歩きやすいからオススメなんですよ!」

岩手山七滝コース57(2012.9.8)
近くにはリンドウがたくさん咲いていました。


ライト 「ヤマさん、写真撮ってもらっても良いですか?」


ヤマサン 「いいですよ。えっと・・・」


ライト 「連写になってるので、飛び始めたらずっと押してもらえれば大丈夫です。」


ヤマサン 「ジャンプしてそのまま落ちないでくださいね。」

岩手山七滝コース54(2012.9.8)ジャンプ!
ということで、ヤマさんに撮ってもらったのが最初とこの写真。

こんな感じで、素晴らしい天気の中の登山が続きますが、ここで一旦区切ります。


→NEXT


ブログランキングに参加してます!

3種類の投票クリックをポチっとお願いします('-'*)

↓↓↓


↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八幡平情報へ
にほんブログ村

↓↓↓
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



| 岩手山 | 15:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

時間に遅れたんですね(*≧m≦*)

| 名無し | 2012/09/09 17:37 | URL |

>名無しさん

(´Д⊂

| ライト | 2012/09/13 09:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://manihachi.blog57.fc2.com/tb.php/1128-374e8c86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT