FC2ブログ

マニハチ

岩手県は広いです。四国の面積と同じくらいの日本では北海道に続いて、2番目に広い県です。そんな岩手の中でも魅力いっぱいの八幡平というところの情報を中心にお伝えするのがこの「マニハチ」です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【秋田駒ケ岳】 ぶらり秋田駒 vol.4 「男岳分岐~横長根~登山口」

はい、vol.4です。
今回はムーミン谷を抜けたところからはじまります。
それではどうぞ!

秋田駒ケ岳116(2010.7.18)
ムーミン谷を抜けると、コマクサがたくさん咲いていた砂礫帯へと戻ってきました。

秋田駒ケ岳117(2010.7.18)
ここで滑落したら・・・どこまで転がっていくことやら。

秋田駒ケ岳118(2010.7.18)
ちなみにこの白い線から中に入っちゃダメみたいです。

秋田駒ケ岳119(2010.7.18)
だんだん晴れてきました。
それにしても、この砂礫帯、風が強い!
ここだけ強いのかな?

秋田駒ケ岳120(2010.7.18)
砂礫帯を抜けて、再び横長根を目指します。

秋田駒ケ岳121(2010.7.18)
登りでは気がつかなかった、緑色の花を持つ植物。

秋田駒ケ岳122(2010.7.18)
行きと違って、帰りは道がわかっているから歩きやすいです。

秋田駒ケ岳123(2010.7.18)
バッタ発見。

秋田駒ケ岳124(2010.7.18)
横長根まで戻ってきました。
ここまで登山口から3時間55分

秋田駒ケ岳125(2010.7.18)
帰りは横長根までの階段の数を数えましたよ~!

秋田駒ケ岳126(2010.7.18)
階段はこのように作られたもののみカウント。

遠くから熊鈴の音がかなり早いスピードで近づいてくると思ったら、おじいさんが走ってきた!

「山菜採り・・・かな?」

「にしては、荷物なんも持ってないよね?」

「達人だな。」

「なんのですか!?」

そして30分も経たないうちに

秋田駒ケ岳127(2010.7.18)
秋田駒ケ岳128(2010.7.18)
また戻ってきて走って下って行きました。

トレーニングしてるのかな・・・?
何にせよ、すごいおじいさん!

秋田駒ケ岳129(2010.7.18)
登山口が近づいてきましたよ~

秋田駒ケ岳130(2010.7.18)

ついにゴール!!

全部で5時間30分でした。

ちなみに途中あった階段は、1,238段!
正確かどうかは微妙ですが、このくらいの階段があるということで参考までに。


帰りは道の駅雫石あねっこで温泉入浴。

秋田駒ケ岳131(010.7.18)
ここは相変わらず混んでいました。

秋田駒ケ岳132(010.7.18)
そして風呂上がりの一杯!

秋田駒ケ岳134(2010.7.18)
無料休憩室なんてあるのかぁ。

どれどれ・・・

秋田駒ケ岳133(010.7.18)

「!!」



「見なかったことにしよう・・・。」



そして車で30分、盛岡に到着。

ちょっくら買い物して帰るかぁと思い、携帯を見ようと思ったら・・・


「ちょ、携帯ねぇし!!」


近くの公衆電話を探して、道の駅雫石あねっこに電話。

道の駅でパンフレット持ってきてて良かった!


ライト「すみません、携帯電話の落し物なんてありませんよね・・・?」


店の人「届いてますよ。確認のために機種とか教えてください。」


ライト「ドコモの・・・」


よかったぁああああ!!!


秋田駒ケ岳135(2010.7.18)
急いで戻って携帯とご対面!!

せっかく戻ってきたから、何か食べるものか飲み物でも買おうと思って店内に入ると・・・

秋田駒ケ岳136(2010.7.18)
無理!人多っ!!

あきらめて外の自動販売機でファンタグレープを購入。ぐびぐび飲み干す。

そして無事帰宅。

最後に飛んだ一幕がありましたが、
これにてぶらり秋田駒、終了です。


お付き合い下さいましてありがとうございました~!
長くてごめんねごめんね~

秋田駒ケ岳、花はきれいだし、岩も見ごたえがあるし、結構面白い山です!
景色を見ると、一歩一歩登ってることが実感できるので、是非登ってみてください(* ̄▽ ̄*)ノ"


FC2ランキングに参加してみました。
投票のクリックをお願いします~('-'*)

スポンサーサイト

| 秋田駒ケ岳 | 06:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【秋田駒ケ岳】 ぶらり秋田駒 vol.3 「男岳~五百羅漢~ムーミン谷」

はい、vol.3です。
今回は男岳から、ムーミン谷へ向かう所からはじまります。
それではどうぞ!

秋田駒ケ岳84(2010.7.18)

よっしゃあ!!

はりきって行こうぜ~!!

え?なんでそんなにテンション高いのかって?

そりゃアンタ・・・


秋田駒ケ岳85(2010.7.18)

これを見つけちまったからさ・・・!


秋田駒ケ岳86(2010.7.18)
ハイ、ということで、男岳に着いて30分休憩して出発。

秋田駒ケ岳87(2010.7.18)
帰りはムーミン谷という所を通って行きます。
先程はこの阿弥陀池から来ましたが、帰りは違う方へ。

秋田駒ケ岳88(2010.7.18)
男岳目指している時にあった馬の背を通ればここに着いたんですね。

秋田駒ケ岳89(2010.7.18)
馬の背には行かないで、進行方向右へ。
すごい斜面です。

秋田駒ケ岳90(2010.7.18)
ここでもニッコウキスゲがたくさん咲いていました。

秋田駒ケ岳91(2010.7.18)
花もすごいけど、傾斜もすごい!

秋田駒ケ岳92(2010.7.18)
こんな傾斜が続きます。

秋田駒ケ岳93(2010.7.18)
ほら、僕たちの目指す星はあそ・・・じゃなかった、あそこがムーミン谷とか。
誰がそう名付けたのかはわかりません。

秋田駒ケ岳94(2010.7.18)
ガス取れないかなぁ。

秋田駒ケ岳95(2010.7.18)
後ろを振り返ると、やっぱり急だ!

秋田駒ケ岳96(2010.7.18)
おっ?ちょっと晴れてきたぞ!!

秋田駒ケ岳95(2010.7.18)
迫力ある岩。五百羅漢とか言われているみたいです。

秋田駒ケ岳96(2010.7.18)
こんな岩がある山はあまり見たことが無かったので、すごい新鮮。

秋田駒ケ岳97(2010.7.18)
景色を楽しんでいたら、シラネアオイ発見。

秋田駒ケ岳98(2010.7.18)
一緒に行ったガイドさんの話だと、男岳からこの岩の真ん中を通って降りてくる予定でしたが、雪があるかもしれないと断念。
でもここから見上げれば・・・

ホントにあんなとこ通れんの!?

と思ってしまいました(*゜0゜)

秋田駒ケ岳99(2010.7.18)
そしてムーミン谷に入りましたよ~!
チングルマ、終わってこんな姿に。
これはこれで味があっていいかな。

秋田駒ケ岳100(2010.7.18)
こうやって振り返ると、よくあの山のてっぺんから降りてきたなぁと感心します。

秋田駒ケ岳101(2010.7.18)
これは素晴らしい景色!!

秋田駒ケ岳102(2010.7.18)
池の近くでご飯を食べる一行もいました。

秋田駒ケ岳103(2010.7.18)
池を通り過ぎて先へ進みます。

秋田駒ケ岳104(2010.7.18)
これでガスかかってなかったらいい写真だったのになぁ。

秋田駒ケ岳105(2010.7.18)
って前に進むとチングルマ、まだ咲いてた!
ハチさんお食事中。

秋田駒ケ岳106(2010.7.18)
こちらは・・・あぶさんかな?

秋田駒ケ岳107(2010.7.18)
このお花畑はやばいっしょ!!すげぇ~!!
こんだけのチングルマ、初めて見ましたよ!!!


秋田駒ケ岳108(2010.7.18)
この両脇の白いのが全部花!

秋田駒ケ岳109(2010.7.18)
ヒナザクラもたっくさん!!

秋田駒ケ岳110(2010.7.18)
また泉がありました。

秋田駒ケ岳111(2010.7.18)
ウサギギクにハチさん発見。

秋田駒ケ岳112(2010.7.18)
ハクサンチドリもお目見えです。

秋田駒ケ岳113(2010.7.18)
これは何の花だろう・・・

秋田駒ケ岳114(2010.7.18)
子供が親を待ちぼうけ。

「待ちなさい、○へい!」

「だってお父さんとお母さん、遅いんだも~ん。」

そんな会話が俺を挟んで行われていました。

って俺を挟むな!!

秋田駒ケ岳115(2010.7.18)
右上に見えるのは田沢湖です。

ハイ、ここでvol.3は終了~。

次回は最終回!謎のおじいさん出現!?

vol.4に続く。

長くてごめんねごめんね~


FC2ランキングに参加してみました。
投票のクリックをお願いします~('-'*)

| 秋田駒ケ岳 | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【秋田駒ケ岳】 ぶらり秋田駒 vol.2 「横岳~阿弥陀池~男岳」

はい、vol.2です。
今回は大焼砂から、横岳へ向かう所からはじまります。
それではどうぞ!


秋田駒ケ岳50(2010.7.18)
砂礫帯を過ぎたら低木地帯に。

秋田駒ケ岳52(2010.7.18)
これはハイマツ(這松)ですね。地面を這うからハイマツ。

秋田駒ケ岳53(2010.7.18)
なんか白い液体が飛んできた!!

秋田駒ケ岳54(2010.7.18)
ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)発見。白いなぁ。

秋田駒ケ岳55(2010.7.18)
さらに進むと・・・

秋田駒ケ岳56(2010.7.18)
何やら人がたくさんいるところに到着。

秋田駒ケ岳57(2010.7.18)
横岳(よこたけ)か!
ここまで登山口から2時間18分

秋田駒ケ岳58(2010.7.18)
横岳から阿弥陀池とやらに向かいます。

秋田駒ケ岳59(2010.7.18)
馬の背・・・?
これは馬の背のように両側が深い谷となって落ち込んでいる山の尾根伝いの道のことだそうです。

秋田駒ケ岳60(2010.7.18)
マルバシモツケ(丸葉下野)発見。

秋田駒ケ岳61(2010.7.18)
この時期にまだ雪が残っているとは・・・!

秋田駒ケ岳62(2010.7.18)
こんな感じの道を進みます。

秋田駒ケ岳63(2010.7.18)
でっかいつぼみ!こいつはなんじゃあ!!??

秋田駒ケ岳64(2010.7.18)
木道が姿を現した!!

秋田駒ケ岳65(2010.7.18)
その先に何やら泉発見。

ん?このヒシャクに何か書いてあるぞ・・・?

秋田駒ケ岳66(2010.7.18)
秋田駒・・・か。

面白いの期待してたのに・・・!!


秋田駒ケ岳67(2010.7.18)
ガスがすごいけど・・・これが避難小屋かな。

ってか人すげぇ。


秋田駒ケ岳68(2010.7.18)
そして阿弥陀池に到着~。
ここまで登山口から2時間36分。

秋田駒ケ岳69(2010.7.18)
池周辺にもすごい人。
秋田駒ケ岳は8合目まで車で来れるらしいです。
そこから50分でここまで来れるんだとか。
8合目から来ている人も結構いるみたい。

秋田駒ケ岳70(2010.7.18)
男岳を目指します。

秋田駒ケ岳71(2010.7.18)
ってかニッコウキスゲすご!!

秋田駒ケ岳72(2010.7.18)
別名ゼンテイカ。ユリ科のお花です。たくさん咲いているのは
見事!

秋田駒ケ岳73(2010.7.18)
岩場を歩きます。

秋田駒ケ岳74(2010.7.18)
こんなところにも案内が。

秋田駒ケ岳75(2010.7.18)
なんか山って感じの場所!!
テンション上がってきた~!!

秋田駒ケ岳76(2010.7.18)
こういう岩場、好きかも('-'*)

秋田駒ケ岳77(2010.7.18)
な、なんじゃこりゃあああ!!!
キレイに並んでてすげえ!!!

秋田駒ケ岳78(2010.7.18)
ヤマハハコ(山母子)というやつらしいです。

秋田駒ケ岳79(2010.7.18)
アスレチック岩場が続きます。

秋田駒ケ岳80(2010.7.18)
むむっ?鳥居が見えるぞ・・・
これは・・・!

秋田駒ケ岳81(2010.7.18)
男岳到着!!

ここまで登山口から2時間54分

秋田駒ケ岳82(2010.7.18)
とりあえず拝みます。

全世界の富を・・・じゃなかった、

無事下山できますように・・・。


秋田駒ケ岳83(2010.7.18)
おにぎりを難しそうな顔で見つめる人発見!!
彼に何があったのか!?


次回、vol.3 「おにぎりの謎」に乞うご期待!!


って、スンマセン、嘘です。


ここ、男岳は1,623mで、一番高い男女岳(おなめだけ)が1,637mで秋田駒ケ岳の頂上です。
しかし、男岳と違って、アスレチック岩場やら何やらで
面白くない、ということで、
今回は男岳から下ることになりました。


次回は男岳からムーミン谷とか行きます。


vol.3に続く。

長くてごめんねごめんね~


FC2ランキングに参加してみました。
投票のクリックをお願いします~('-'*)

| 秋田駒ケ岳 | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【秋田駒ケ岳】 ぶらり秋田駒 vol.1 「登山口~横長根~大焼砂」

今日は秋田駒ケ岳に登ってきました~!

岩手県雫石町にある国見温泉の登山口から出発。

さて、着いたぞ~車を止めようと思ったら・・・

秋田駒ケ岳01(2010.7.18)

・・・車多っ!!
写真真ん中にある所が登山者用の駐車場なのですが、満車!

さすが3連休中日。

しょうがないので手前に止めて歩きます。

秋田駒ケ岳03(2010.7.18)
国見温泉にはこの石塚旅館と

秋田駒ケ岳04(2010.7.18)
森山荘(もりさんそう)があります。
登山者は下の駐車場って書いていますが、書くということは結構旅館近くに止める車がいるんですねぇ。

秋田駒ケ岳05(2010.7.18)
森山荘のすぐ横にある登山口です。
8時30分登山開始!
天気は曇り。晴れていなくて残念でしたが、涼しくて良かったのかな。

秋田駒ケ岳06(2010.7.18)
そして案内図を確認。

秋田駒ケ岳07(2010.7.18)
こんな看板が・・・。

は?は?は?迷った時は・・・

っては?×3っているのか!?

秋田駒ケ岳08(2010.7.18)
登山口の標高は850mです。結構高いですね。

秋田駒ケ岳10(2010.7.18)
どんどん登ります。

秋田駒ケ岳09(2010.7.18)
ハナニガナ(花苦菜)です。この花はたくさん咲いていました。

秋田駒ケ岳11(2010.7.18)
木道もたまにありました。

秋田駒ケ岳12(2010.7.18)
こんな階段が結構ありました。

秋田駒ケ岳13(2010.7.18)
登山口から55分、横長根(よこながね)に到着~。
ここに着くまでの登り坂、階段多くて結構大変でした。
階段の数、何段あるんだろうとふと思い、帰りに数えてみることに。

秋田駒ケ岳14(2010.7.18)
ここで小休止。

秋田駒ケ岳15(2010.7.18)
7分後、再び出発。

秋田駒ケ岳16(2010.7.18)
横長根からの道は高低差もなく、楽勝じゃん!と思ってたら・・・

秋田駒ケ岳17(2010.7.18)
やっぱ登りあるよね・・・だって山だもん。

秋田駒ケ岳18(2010.7.18)
でっかいアザミが姿を現した!!
この写真じゃ伝えきれない大きさ!!

秋田駒ケ岳19(2010.7.18)
シロバナニガナ(白花苦菜)も発見。

秋田駒ケ岳20(2010.7.18)
とんぼがたくさん飛んでいました。秋近し・・・ってまだ夏本番か。

秋田駒ケ岳21(2010.7.18)
木のトンネルをくぐります。何箇所かありました。

秋田駒ケ岳22(2010.7.18)
曇っているから遠景は期待できなかったです。

秋田駒ケ岳23(2010.7.18)
登山口から1時間20分、第二展望台到着。
ここで休憩している人が3組くらいいたかな。

秋田駒ケ岳24(2010.7.18)
ミヤマハンショウズル発見。

秋田駒ケ岳25(2010.7.18)
だんだんと低木地帯へ突入。

秋田駒ケ岳26(2010.7.18)
イチヤクソウ発見。

秋田駒ケ岳27(2010.7.18)
これはエゾニュウといって、セリ科の植物だそうです。若芽を食べるらしいです。
この花が上に行くに連れて、たくさん咲いてました!

秋田駒ケ岳28(2010.7.18)
ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)、ツツジ科発見。
なんかぴあーんと出てますね。

秋田駒ケ岳29(2010.7.18)
振り返ると随分遠くまできたもんだ。

秋田駒ケ岳30(2010.7.18)
こちらはハクサンシャジン(白山沙参)キキョウ科。きれいですねぇ。

秋田駒ケ岳31(2010.7.18)
ちなみにここら辺の足場。砂礫です。

秋田駒ケ岳32(2010.7.18)
さぁ、あの夕陽まで走ろうじゃなかった、ここが男岳(おだけ)分岐です。
ここまで登山口から1時間35分
横岳を目指します。

秋田駒ケ岳33(2010.7.18)
少し登ったらまた分岐発見。ここからも男岳に行けます。

秋田駒ケ岳34(2010.7.18)
結構傾斜きつそうですねぇ。

秋田駒ケ岳35(2010.7.18)
こんな感じの道です。砂礫で歩きづらいですが、岩手山のツルハシの途中よりは傾斜きつくないから、楽かなぁと思っていたら・・・

秋田駒ケ岳36(2010.7.18)
コマクサ発見!

秋田駒ケ岳37(2010.7.18)
コマクサすごいと聞いてたのに、
岩手山より数が少ない!


秋田駒ケ岳38(2010.7.18)
そして傾斜がきつくなってきた!

秋田駒ケ岳39(2010.7.18)
ちくしょ~!

・・・スミマセン、取り乱しました。

秋田駒ケ岳40(2010.7.18)
ってすご!何この数!!

秋田駒ケ岳41(2010.7.18)
大きさは岩手山より全然小さいですが・・・

秋田駒ケ岳42(2010.7.18)

何この数!!

コマクサがたっくさん!!


秋田駒ケ岳44(2010.7.18)
コマクサに驚きながらも先に進みます。

「ふっ、何も見えねぇぜ・・・」

ガスが出てきたのと・・・

秋田駒ケ岳45(2010.7.18)
風がものすごく強くてチョウチョさんが飛べずにバタバタしていました。

秋田駒ケ岳47(2010.7.18)
歩いてきた道を振り返ると、

「すげぇ!かなり歩いてきたね!」

秋田駒ケ岳48(2010.7.18)
でもまだ先は長い・・・。

秋田駒ケ岳49(2010.7.18)
ここらへんが大焼砂(おおやきすな)。
ここまで登山口から2時間

vol.2に続く。

長くてごめんねごめんね~


FC2ランキングに参加してみました。
投票のクリックをお願いします~('-'*)

| 秋田駒ケ岳 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。